氷室主宰 金久美智子



俳句は象徴詩。人生の重みをかけて詠え。



恋ひとつ氷室に閉ぢて帰りけり

踏絵てふことあり足を拭ひをり

母のみが朱鷺色といふ蓮咲けり

夜桜を見にと男を募りけり



句会で   短冊   短冊

・句集「氷室」昭和58年(1983年)

・句集「踏絵」昭和63年(1988年)

・句集「朱鷺色」平成5年(1993年)

・句集「平成14年(2002年)

・句集「爽旦」平成16年(2004年)


最初のページへ